shop blog

アクタス・福岡店 アクタス・福岡店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4-1-36 BiVi福岡 1F・2F
TEL
092-771-7003
OPEN
10:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘北欧ビンテージ’

アクタス 福岡店では、いよいよ明日2月3日(土)から、

ヨーロッパのヴィンテージ家具を集めたフェアを開催致します。

-ヨーロッパののどかな暮らしの道具。-

EURO’50S VINTAGE FESTA

2/3(sat)→2/25(sun)

福岡店では、通年デンマークのヴィンテージ家具を扱っていますが、

年に2回、より多くヴィンテージ家具を見ていただく機会を設けています。

今回も、50年~60年代にかけた良質なデンマークヴィンテージが沢山入荷

していますので是非楽しみにご来店ください。

特に、今回はBorge Mogensenに力をいれて展示しています♪

現在製作されていないフレデリシア社の品や、Soborg Mobler社の

珍しいドレッサーや本棚・そして希少なキャビネットなどなど。

IMG_0247

IMG_0256

IMG_0233

IMG_0250

IMG_0253

買い付けが難しくなってきたウェグナー人気ソファのGETAMA社GE290や、

IMG_0251 (1)

アームの有機的なラインが特徴的なGRETE JARKのソファは、

FRANCE&SONの前身のFRANCE&FRANCEとファブリックも当時のオリジナル仕様で

コンディションも良いです。

IMG_0249 (1)

ウェグナーのCH30チェアやJLモラーの美しい椅子もあります。

IMG_0257

IMG_0248

他にも使いやすい小ぶりなチェストなども入荷していますので、是非ご来店ください!

気になる商品があればお気軽にお問い合わせください。



7月29日から行っておりますDANISH VINTAGE FESTA 大変好評です。

今回で3度目になります『北欧ヴィンテージ家具オークション』を開催いたします。

オークションには、ハンス.J ウェグナーをはじめデンマークのデザイナーが手掛けた家具の数々や、

1940〜60年代に製造された、貴重なヴィンテージ家具が集結します。

アクタスのオークションはご参加頂くお客様に楽しんで頂けるように、

ヨーロッパのバイヤーが買いつけ秘話や、オークションに出品する家具の逸話などをお話しながら

お楽しみいただける様なカタチで行っていますのでお気軽に参加くださいね。

デンマークの希少な名作家具が、場合によっては通常よりお求め安く購入できるチャンスでもあるのです。

ご興味あるお客様は添付の参加フォームからご応募ください!

http://www.actus-interior.com/news/201707vintagefesta/

 

0814_02 0814_030814_040814_050814_060814_070814_080814_090814_100814_110814_120814_130814_14 0814_15 0814_16 0814_17 0814_18 0814_19

 

 

 

 

アクタス福岡店では、8月のリニューアルをきっかけに、北欧のビンテージ家具の名作や
50年代・60年代の良質なアノニマスな家具に加え現在もデンマークで熟練した職人によって作られている家具をご紹介しております。

古いものと新しいものにアクタスらしいスタリングにて提案をしていきたいと思っています。
とはいえ、デンマークの良質なビンテージも年々出回りにくくなっていますので、
これはというアイテムがあれば一期一会になりますのでお早めに!

さてアイテムのご紹介になります。

HANS.J.WEGNERのThe Chairは、現在PPモブラーで生産されていますが、
こちらはJOHANNES HANSEN(ヨハネス・ハンセン)工房生産の希少なチーク材のJH501 ザ・チェアとなります。
後ろのテキスタイルは、スイス バウマン社の『DENTELLE』 カッティングが非常に綺麗なテキスタイルです。。

写真 3 (3)

HANS J. WEGNERの希少なイージーチェア

写真 5 (2)

アイラーセンの新作ソファ『GATSBY』にはGUBI社のSEMIペンダントランプ
そして、モーエンセンのハンティングチェア。リビングテーブルとラグに照明の色を
アクセントに、現代的な北欧のリビングスタイルを演出してみました。

写真 2

ロッキングチェアは、ILLUM WIKKELSOのビンテージ。いい雰囲気ですね。
なんとことらは以前アイラーセンで生産されていたものなのです。
キャビネットは現在もデンマークの良質な工房ブレッド・ファニチャーで丁寧に作られています。
スタイリングのアクセントには、カラヴァッジョのウォールランプに、
NYは、ブルックリンのダグ・ジョンストンのバスケットと、CLUTIの香りを織り交ぜます。

写真 4 (3)

FRANCE&SON社製のGRETE JALKのラウンジチェア。こちらもなかなかお目にお目にかかれません。

写真 3 (3)

FREDERICIAで丁寧に作られているモーエンセンのウィングバックチェアは永遠の憧れですね。
セシリア・マンツのMIKADOサイドテーブルに合わせて。

写真 3 (4)

モーエンセンの定番ですね!J39のビンテージチェアは伸張式のテーブルに合わせて。

写真 4 (3)

50・60年代の良質なアノニマスのキャビネットたち。

写真 1

to TOP