shop blog

アクタス・福岡店 アクタス・福岡店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4-1-36 BiVi福岡 1F・2F
TEL
092-771-7003
OPEN
10:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘器’

皆さんこんにちは。

晴れ間はいつごろ見えるのでしょうか。

そろそろ太陽が恋しくなってきましたね。

気温も下がっていますので、、体調管理、くれぐれもご注意下さい!!

さて、先日からお伝えしはじめましたが、アクタス福岡店では、

10/28(土) - 10/29(日)の二日間、

「FROM FUKUOKA」と言うイベントを開催します。

Print
前回から続いて、2店舗目のご紹介。

「2016年7月より陶器の制作、金継ぎ修理のアトリエとして、南区大楠にスタートした、

「sabie -錆枝-」

793e8e_0768f5c2a5c845f0bce7de38b5788df7~mv2_d_3264_2448_s_4_2

ご夫婦お二人で味と温かみのある器を制作されています。

sabie お二人の活動は左図をクリック←
花田 勇樹さん

鉄器、土器の様な質感に拘った器を主に制作。
花田 智枝子さん

日常に寄りそう生活に身近な器をテーマに制作。

tumblr_oumjixX7yn1w2wcl0o1_1280

何度か工房にお邪魔させて頂きましたが、

趣のある工房で、お二人の人柄もあり時間を忘れゆっくりさせて頂きました。
今回のイベントはそんなお二人の作品に直に触れられ、

購入できるチャンスです!!

ちなみに持って来ていただく器も当日まではナイショです。

tumblr_osnt9kfEM41w2wcl0o1_1280

ぜひぜひ、お二人のこだわりと手仕事からしか生まれない、

暖かく、そして気持ちのこもった器の中から、お気に入りの1つを探しに来て下さいね♪

皆さん、こんにちは~

いつもアクタス福岡店ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

かわいい新作のご紹介です!

写真①

エスカレーター側入り口にどどーーんと!
テラコッタのぽってりとした質感、色味がたまりません!!!

写真②

サイズのバリエーションが豊富で色々なお料理に合わせやすいのも特徴です。

写真③

忙しい?そんなときも!買ってきたお惣菜を盛るだけでお家デリ!
フラットなお皿の上にボウルを置いて一気にカフェスタイルです。
小鉢にはソースやドレッシングはもちらん、和え物なども!
ワンプレートでオシャレな食卓を実現できます。

写真④

大きめのお皿を置いても素敵です。
上のお皿はカレー用としても使え、「 カレー大国 日本 」では重宝するアイテム間違いなしです!
(ちなみに日本はカレー消費量世界第二位なんですよ!)

写真⑤

ホットケーキを焼いて、このお皿に盛り付けるだけでなんか素敵!
※ こちらのホットプレート、九州パンケーキともにお取り扱いございます。
厚みがありお料理の熱を逃がしにくいので、これからの季節暖かいスープなどにも最適です。
ポルトガルで一つ一つ手作りしてるので個体差がありますが、
世界に一つだけの食器として愛着もわきますよ!

ぜひ一度、持ってみてください。質感が手にしっくりと馴染み、虜になるはずです!!
お待ちしております。

 

———————————————————————————
アクタス福岡店

OPEN:10:00 ~ C L O S E 20:00

TEL :(092)-771-7003

※大晦日・正月以外は、休まず営業しております。

———————————————————————————

SLOW HOUSEブログ

date. 2015/04/20

皆様こんにちは!

いつも福岡店ブログをご覧頂きありがとうございます。^^

すっかりサクラが散りまして・・葉桜もきれいだなぁ、と思う今日この頃です。
さて、SLOW HOUSEでは「Craft from USA」という企画で
SLOUHOUSE
厳選されたこだわりの商品が入荷してます。

その中でも、勝手ながらワタクシいちおしのアイテムをご紹介致します!
まずは、こちらの食器。
2
Wonki wareといい、南アフリカの小さなスタジオで手作りで作られている器。

ぜひ、店頭で触って確認していただきたい逸品☆

手作りなので、この微妙な歪みが心地よく、ほっこりした感じがとってもたまらないのです。笑
3
そして、軽い!!とにかく軽い!!この乾いた風合いをぜひ手に取っていただきたいです。

パスタボウルという名前のこの器、ワタクシだったら・・これでラーメンを食べたいです。

9
そして、ダグ・ジョンストン氏が手がけたバスケット☆
7
こちらはただの収納バスケットとは違います!!!

古代のバスケット編みにインスピレーションを受け、コットンの細いロープをぐるぐると立体的に巻き上げ

それを青や赤のカラフルな糸で縫い合わせ、彫刻的なフォルムのバスケットを創作。
5
この美しいロープのオブジェはまさに芸術品です!

表現がちょっと変?かもしれませんが、床の間に飾りたくなる作品です!
4
当店店長も購入したお品です。^^

 

皆様のご来店、お待ちしております。
6

 

 

 

to TOP