shop blog

アクタス・福岡店 アクタス・福岡店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通4-1-36 BiVi福岡 1F・2F
TEL
092-771-7003
OPEN
10:00~20:00 / 不定休

Posts Tagged ‘ハンス ウェグナー’



受け継がれていく、北欧の家具

2018年8月11日より、アクタス・福岡店にて『VINTAGE FESTA(ヴィンテージ・フェスタ)』スタートしています。

8月26日(日)には、

北欧各地で買い付けをしてきたアクタスのバイヤーによる
インテリアセミナーとヴィンテージ家具・オークションを開催いたします。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

『バイヤーが語る、北欧のインテリア術』 8月26日(日)13:30スタート

北欧で実際に見てきた、心地よい暮らし方の“コツ”お教えします!

アクタスのバイヤーが北欧の各地を周り現地で見てきた、心地よい暮らし方について、

またアクタス・スタッフが実践しているインテリアについて、解説を交えお話いたします。

約1時間程度の参加費無料のセミナーです。

ご興味がある方はHPにてお申込み頂くか、アクタス福岡店へご連絡ください。

『ヴィンテージ家具・オークション』8月26日(日)15:00スタート

デンマーク家具の黄金期を支えたデザイナーのお宝アイテムが登場!

ハンス.Jウェグナーをはじめとする、デンマーク家具の黄金期を支えたデザイナーズ家具や1940〜60年代に製造されたアノニマスなヴィンテージ家具など、

すべて一点モノのお宝アイテムを集めた「ヴィンテージ・オークション」を開催いたします。

ご興味がある方はHPにてお申込み頂くか、アクタス福岡店へご連絡ください。

 

2018 VINTAGE FESTA

date. 2018/08/08

VINTAGE FESTA

8/11(sat)→9/9(sun)

アクタス 福岡店では、通年デンマークのヴィンテージ家具も定番的に取り扱っていますが、

1年1度 更にヴィンテージ家具を充実させたフェアを行っています。

今年は、明日8月11日(土)から、デンマークのヴィンテージ家具フェアと、

8月26日(日)には、今回で3回目になるオークションも実施を開催致します。

オークション商材はあらためてHPにアップしますので、気になる方はチェツクされてくださいね。

今回もたくさん50年~60年代にかけた良質なデンマークヴィンテージが入荷

していますので是非楽しみにご来店ください。

入荷しているアイテムを一部紹介いたしますね。



■現在は生産されていないBORGE MOGENSENのデザインの一人掛けソファです。

デンマーク FREDERICIA社のヴィンテージ。2脚揃いました!

コンデションもよく非常にお得な価格です。





■ARNE JACOBSEBNデザイン 存在しないはずのローズウッドのグランプリチェアです。

フリッツハンセンの職人が当時自宅用に4脚だけ製作したものといわれています。

偶然現地のディラーから発見した希少な1脚です。

 





■1951年にHans J wegnerがデザインしたCarl hansen&son社製のヴィンテージCH23チェア。





■ピーター・ヴィッツ&オーラ・ミュルゴー・ニールセンによる1955年のデザインの317アームチェア。

全方位どこから見ても美しいデザインです。







■とても変わったネストテーブルです。





■サイズ感が良いマガジンラックに小ぶりのチェストなど

 

他にも使いやすい小ぶりなチェストやダイニングテーブルなどなど

盛りだくさん入荷していますので、是非ご来店ください!

アクタス福岡店

OPEN 10:00 ~ C L O S E 20:00

TEL:(092)-771-7003



7月29日から行っておりますDANISH VINTAGE FESTA 大変好評です。

今回で3度目になります『北欧ヴィンテージ家具オークション』を開催いたします。

オークションには、ハンス.J ウェグナーをはじめデンマークのデザイナーが手掛けた家具の数々や、

1940〜60年代に製造された、貴重なヴィンテージ家具が集結します。

アクタスのオークションはご参加頂くお客様に楽しんで頂けるように、

ヨーロッパのバイヤーが買いつけ秘話や、オークションに出品する家具の逸話などをお話しながら

お楽しみいただける様なカタチで行っていますのでお気軽に参加くださいね。

デンマークの希少な名作家具が、場合によっては通常よりお求め安く購入できるチャンスでもあるのです。

ご興味あるお客様は添付の参加フォームからご応募ください!

http://www.actus-interior.com/news/201707vintagefesta/

 

0814_02 0814_030814_040814_050814_060814_070814_080814_090814_100814_110814_120814_130814_14 0814_15 0814_16 0814_17 0814_18 0814_19

 

 

 

 

福岡店でもデンマークのヴィンテージ家具を販売していることが大分認知されるようになりました。

そして昨年10月以来ののDANISH VINTAGE FESTAを、

7/29(土)~8/27(日)まで行います!!!

IMG_0425

アクタスの店舗では、新宿・京都・福岡店のみでの開催です。

1960代のデンマークヴィンテージ家具を中心に販売いたします。

ハンス・ウェグナーはもちろんボーエ・モーエンセン・フィン・ユールの希少なアイテムに加え、

あまり目にすることのないアイテムや、お求めやすいアノニマスのアイテムも取り揃えています。

また、

8月20日(日)には、毎回好評(3回目になる)な、アクタスヨーロッパバイヤーによる、

ヴィンテージセミナーと、オークションも行います。

ご興味あるお客様はこちらのサイトから申し込みください。

http://www.actus-interior.com/news/201707vintagefesta/

IMG_0430IMG_0427IMG_0429IMG_0422

ここで少しだけデンマークのヴィンテージ家具のお話を。

現在の北欧家具の主流はオーク材やビーチ材といった白木の材が多いですが、

デンマークのヴィンテージ家具はチーク材が主流です。

それは何故かといいますと、1940年代~60年代のデンマークは、

他ヨーロッパ諸国のデザインに負けない“デンマークらしさ”の追求の中、

材木商が東南アジアからチーク材を見つけます。

当時、国力が小さいデンマークは、外からの材料の調達はむずかしかったようなのですが、

親交のあるタイから、比較的押えたコストで入手することが可能となりチーク材の家具が

使われるようになったとも言われております。

ヨーロッパのハブ港である、コペンハーゲンを持つデンマークならではかもしれません。
そして、1970年代、チーク材の伐採・輸出に規制がかかり、オーク材など白木主流の時代へ。

同時期に、チークと同じくデンマーク高級家具に使用されていた、ブラジリアンローズウッドも伐採規制されるようになります。

今回のフェアでは、希少なローズウッドのシェルフなども数点入荷しています。

是非、アクタス福岡店のDANISHヴィンテージフェスタにご来店ください!

アクタス福岡店では、8月のリニューアルをきっかけに、北欧のビンテージ家具の名作や
50年代・60年代の良質なアノニマスな家具に加え現在もデンマークで熟練した職人によって作られている家具をご紹介しております。

古いものと新しいものにアクタスらしいスタリングにて提案をしていきたいと思っています。
とはいえ、デンマークの良質なビンテージも年々出回りにくくなっていますので、
これはというアイテムがあれば一期一会になりますのでお早めに!

さてアイテムのご紹介になります。

HANS.J.WEGNERのThe Chairは、現在PPモブラーで生産されていますが、
こちらはJOHANNES HANSEN(ヨハネス・ハンセン)工房生産の希少なチーク材のJH501 ザ・チェアとなります。
後ろのテキスタイルは、スイス バウマン社の『DENTELLE』 カッティングが非常に綺麗なテキスタイルです。。

写真 3 (3)

HANS J. WEGNERの希少なイージーチェア

写真 5 (2)

アイラーセンの新作ソファ『GATSBY』にはGUBI社のSEMIペンダントランプ
そして、モーエンセンのハンティングチェア。リビングテーブルとラグに照明の色を
アクセントに、現代的な北欧のリビングスタイルを演出してみました。

写真 2

ロッキングチェアは、ILLUM WIKKELSOのビンテージ。いい雰囲気ですね。
なんとことらは以前アイラーセンで生産されていたものなのです。
キャビネットは現在もデンマークの良質な工房ブレッド・ファニチャーで丁寧に作られています。
スタイリングのアクセントには、カラヴァッジョのウォールランプに、
NYは、ブルックリンのダグ・ジョンストンのバスケットと、CLUTIの香りを織り交ぜます。

写真 4 (3)

FRANCE&SON社製のGRETE JALKのラウンジチェア。こちらもなかなかお目にお目にかかれません。

写真 3 (3)

FREDERICIAで丁寧に作られているモーエンセンのウィングバックチェアは永遠の憧れですね。
セシリア・マンツのMIKADOサイドテーブルに合わせて。

写真 3 (4)

モーエンセンの定番ですね!J39のビンテージチェアは伸張式のテーブルに合わせて。

写真 4 (3)

50・60年代の良質なアノニマスのキャビネットたち。

写真 1

to TOP